这种发型被称为月代(さかやき),其实不仅限于武士 俄罗斯驻叙军事基地遭武装分子炮击 两名军人遇难居家男人影评,是日本古代成年男子最为常见的发型之一。

戦国時代になると、さかやきが日常においても行われるようになった。それまでは毛抜きで頭髪を抜いてさかやきを作るのが主流であったが、頭皮に炎症を起こし、兜を被る際に痛みを訴える者が多くなったため、この頃を境に毛を剃ってさかやきを作るのが主流となる。

△photo:髪形(カミガタ)とは

△photo:浅井長政

虽然我们在今天的时代剧或大河剧中仍可以窥见其影,但是由于人们审美观点的变化,很多时候,这些剧集中,被称为美男子杀手(谜之声音:观众盆友们,看到我这明亮的前额和地中海了吗,这正是我自带颜值-5的DEBUFF!)的月代头就被其他发型所取代了。

明治の断髪令まで行われた。

『太平記』巻5に、「片岡八郎矢田彦七あらあつやと頭巾を脱いで、側に指し置く。実に山伏ならねば、さかやきの跡隠れなし」とあり、絵巻物などと照らし合わせると、鎌倉時代、室町時代にさかやきが行われていたと分かる。当時は、兜による頭の蒸れ対策として戦の間だけ行われた習慣であり、日常に戻った時は総髪となった。

我结合日文维基百科さかやき以及部分日站的文字,整理了一下相关的信息并补以自己的说明,做了一个关于这种发型发展的时间线,希望能解答题主的疑惑。

③普及与推广:江户时代

关于其作用最广为流传的说法,来源于江户时代的学者伊势贞丈:这种发型是为了抑制在带兜帽时头顶浓密的头发所造成的汗水与蒸汽,减少闷热对佩戴者造成的不适。

本文已取得作者本人授权

頭髪を、前額側から頭頂部にかけて半月形に、抜き、または剃り落としたもの,平時は、これをまとめて髷を結った。兜を被った際に頭が蒸れるのを抑えるために頭頂部の髪を抜くあるいは剃ったものであり

以明治天皇为核心的明治维新推翻了德川幕府百年来的统治,随着全盘西化的进行,《散髪脱刀令》在1871年得以颁布,武士们被要求散开头发并解除佩刀,随着武士时代的结束和武士阶层的消亡,月代头便退出主流视野了。

战国末期,随着关原合战东军大胜,历经大坂之役,德川家康元和偃武,并在德川幕府治下开创了较前代相对平稳江户时代,在这一时期,除公卿外,月代得以普及,成为了地位一般的武家甚至平民家男子元服(成年)时的选择,并根据从事行业的不同,甚至出现了细微的分化。

△photo:時代劇考|コラム

△photo:

1.首先,这究竟是怎样的一种头型,其特点与作用是什么呢?

该篇文章的原文阅读请点击下方阅读原文

①最早记载:平安时代(末期)

『玉葉』安元2年7月8日の条に、「自件簾中、時忠(平時忠)卿指出首、(其鬢不正、月代太見苦、面色殊損)」とあり、平安時代末期、行われていたことが分かる。

文丨知乎网友 我叫大芋头

△photo:ほっ床屋のたわごと

随着平安时代末期律令体系的崩坏和武家的崛起,战争不可避免的成为了定义了之后的镰仓时代和室町时代最好的标志之一。《太平记》卷五中再次出现了关于月代头的记载,对照绘卷的结果,可见,在镰仓时代、室町时代,月代主要用于战场上,平时,人们仍以总发发型为主。

“壹读精选”,每天为你精选两篇轻幽默、有见地的美文。

②发展与流行:镰仓时代,室町时代,战国时代

④衰败与消亡:明治时代

但是其后战国时代(安土桃山时代)的到来,随着战争需求和频率的大量增加,这时,开始有人用镊子拔掉这一头顶区域的头发,其后,随着在战场上的长时间作战使得部分士兵因闷热和汗水造成了头皮炎症,剃头取代之前用镊子拔掉的方式,月代随之成为主流。

这种发型的剃法是将从前额到头顶部的呈半月形的这个区域的头发全部剃光,使头皮露出,平时,以头发后部的发髻作结。

从这条得知,目前关于此头型最早的记载,来源于平安时代末期至镰仓时代初期的公卿九条兼实的日记《玉叶》,其中在安元2年7月8日有这样一条记载:“自件廉中,时忠卿指出首,其鬓不正,月代太见苦,面色殊损。”由此可知,平安时代末期便有此发型的存在。

壹读微信号:yiduiread

江戸時代になると、一定の風俗となった。公卿を除く、一般すなわち武家、平民の間で行われ、元服の時はさかやきを剃ることが慣例となった。さかやきでない者は、公卿、浪人、山伏、学者、医師、人相見、物乞いなどであった。さかやきの形は侠客、中間、小者はぼんのくぼまであり、四角のさかやきは相撲から起こり、その広いのを唐犬額といった。江戸時代末期にはさかやきは狭小になり、これを講武所風といった。また若さをアピールする一種のファッションとして、さかやきやもみあげを藍で蒼く見せるという風習も流行した。

△photo:

图片来自网络

2.那么其发展的历史又是怎样的呢?